ロゴ画像
肌自らが健康(美肌)になるために
活(生)きた糀がおてつだい

ブログ

最新のお知らせ


2021年4月29日 : ビタミンEの7000倍の抗酸化物質

   スーパーバイオこうじ君
本年3月の日本農芸化学会で嬉しい発表がありました。
僕の仲間の酵素君が強力な抗酸化物質を分解している事が判明

覚えずらい長いカタカナ名ですが、味噌の旨味であるアミノ酸類です。
〇デフェリフェリクリシン(ペプチド) 活性酵素消去
紫外線を吸収すると共に、肌の中の活性酵素を消去してメラニンを合成する
チロシナーゼの活性を押え、しみの産生を抑える事が期待されます。
「フィラグリン」という成分を増加させヒトの肌のバリア、保湿機能を活性化させる事も期待されます。
〇エルゴチオネイン(アミノ酸) 抗酸化作用がビタミンEの7000倍。
エルゴチオネインは表皮細胞に蓄積されていて紫外線による活性酸素酸に対抗していますが、
加齢とともに減少します。
豆糀せっけんのエルゴチオネインで紫外線を吸収しながら肌脂質の酸化を防ぐ事により
くすみ、しわ、 毛穴の黒ずみの予防が期待されます。
肌のハリに欠かせないエラスチンの分解も防ぐ事も期待されます。
頭皮の紫外線による乾燥(フケ、かゆみ等)の対策にもなります。
※頭皮と髪の毛の健康にも大きく貢献するエルゴチオネインの話は次回です。

日焼けはやけど。冷やして炎症を防ぎながら日焼け止めお化粧を落とした後保湿しましょう。
僕の住んでいる豆糀せっけんは冷水でもよく溶けます。又、肌本来の持つ保湿機能を引き出します。
*一番は日光を浴びない事だと思いますが、お部屋にいても避けられない紫外線もあります。
打倒!コロナウィルス 打倒!紫外線、

2020年11月10日 : 乾燥肌の改善は肌に任せましょう

  スーパーバイオこうじ君
乾燥肌は肌のバリア機能が低下していて水分と潤いが不足している状態です。
解決策は2つ 僕が住んでいる「豆糀石けん」がお手伝いします。
(水分の蒸発を防ぐ)
からだの外からできることは、肌バリアーを壊さずに強化して水分の蒸発を防ぐ事です。※石油由来製品の使用は止めましょう。
1.皮脂膜で肌から水分が蒸発するのを防ぎましょう。
  「豆糀せっけん」は角質内、毛穴等の肌常在菌(善玉菌)まで洗浄しません。
  残った表皮ブドウ球菌等が皮脂膜をつくります。
  ※根こそぎ除菌してしまう石油由来商品の使用は止めましょう。
2.角質のスクラムを強化して水分蒸発を防ぎましょう。
  細胞間脂質(主にセラミド)が角質間を埋め水分の蒸発を防ぎます。
  「豆糀せっけん」は製造過程の醸造時にセラミドを産出しています。
  ※根こそぎ細胞間脂質まで洗浄してしまう石油由来商品の使用は止めましょう。
3.角質に保湿因子(主にアミノ酸)を補充して水分を留め置きます。
  「豆糀せっけん」の糀酵素は大豆タンパク質をアミノ酸に分解しています。
  ※角質組織を壊してしまう石油由来商品の使用は止めましょう。
(水分の補給)
水分補給はからだの内から、運動と食べ物、温水でからだを暖め新陳代謝を促しからだ中に水分を巡らせます。
からだの外からは水分は補給されません。
「プールやお風呂で水が肌に入りますか?」 からだは水ぶくれになりません。
「唇が乾燥したとき唇を舐めるなとよく言われます。」 唇にあった水分が唾液と共に蒸発します。

   肌への水分補給はからだの内側から、
  肌が持っている本来の機能を壊さない
  肌を甘やかせずに肌の健康は肌に任せる! 
  手厚く手当てしない!

 
2020年7月16日 : マスク君での肌荒れ対策

スーパーバイオこうじ君
からだの一部となってきているマスク君
マスク君の下で蒸れて軟らかくなった肌がの摩擦と刺激で組織が壊れて僕たちの悪い仲間が増えて肌荒れへ
マスク君の助けを借りるかぎり付いてまわる面倒事です。
毎日のことです、肌荒れを軽減する方法はいつもの行動の中でシンプルにできればと思います。
僕が住んでいる「豆糀せっけん」を一個だけ使うだけ。 #使用方法は商品紹介でご確認を
1.まずは細菌、お化粧等で汚れた肌をリセットして肌を本来の環境へ。
一緒にできる洗顔・クレンジングでコロナウィルスと細菌の洗浄(W洗顔不要で肌に潤いを残します。)
2.つぎに肌の保湿機能を高めます。
「豆糀せっけん」に含まれる糀酵素が分解した角質の保湿因子(アミノ酸・スクワラン等)と
角質補強のセラミド、スクワランが保湿力を高めます。
3. そして後は、就寝後肌自らのバリアづくり機能におまかせで朝まで           
夜おやすみの間、洗顔後残っていた表皮ブドウ球菌等の機能が肌のバリアーを作ります。
   ※石油由来成分を使うと角質と表皮ブドウ球菌等を壊しますので使用はお控え下さい。
4. 朝の洗顔は水洗い。マスクの摩擦と刺激に備えて肌バリアを残します。
摩擦の多い場所には、肌への浸透が良い「保湿豆糀クリーム」「信州はちみつリップ」がおススメ。

マスク君と僕たちの悪い仲間コロナウィルスとは、長くなりそうなお付き合いです。
基礎化粧品の使い方もコロナウィルスを洗浄しながらの「新しい生活様式」へ
  

        
2020年6月23日 : 新しい生活様式のご案内

    スーパーバイオこうじ君
僕の住んでいる自然派せっけんのパワー
 厚労省から新しい生活用様式の実践例の中で石けんの使用が推奨されています。
 僕が住んでいる自然派石けんの抗ウィルス機能が他の洗剤の最大1000倍の効果があると学会発表されています。
 合成界面活性剤がウィルスのエンベロープ(二重膜)を壊すのに対して自然派せっけんの界面活性剤は
 突き出ているスパイクをも静電的相互作用で引き抜き壊す事により大きなパワー生まれれるようです。
 ちなみに僕から出ている突起物はスパイクでなく糀の菌糸です。
[液体せっけんハンド&フェイス]手洗いと洗顔が一緒にできるせっけん(飛沫感染対策)
 植物オイルのオレイン酸と糀菌を使ってやさしく肌荒れを防止します。
[豆糀せっけん]クレンジングと洗顔が一緒にできるせっけん(飛沫感染対策)
 お化粧、日焼け止めを十二分に落し洗顔も一度にできます。
 使用後の肌は油と水の作用で中性に戻りその後肌の中和能で酸性へ傾きます。
[絹糀シャンプー&トリートメント]シャンプーしながらコロナウィルス洗浄(飛沫感染対策)
 いつものルーティンのシャンプーで頭皮と髪と日常生活に負担がかかりません。
[不快な石鹸カス対応]使い勝手と不快感を改善
 肌のつっぱりや髪の毛のべたつきが出ない植物オイル(オレイン酸)を中心とした成分で低温醸造製造
 
「WITHコロナ」で日常生活に無理なく仲間に入るとうれしいな


2020年3月19日 : 愛知県へ出張してきました

     スーパーバイオこうじ君
せっけんでシンプルに健康的に
    
2月29日と3月1日僕が住んでいる商品の取扱をお願いしている「ヘルシーメイト」さんの焼山店(名古屋)と岡崎本店へ出張してきました。コロナウィルス騒動にもかかわらず多くのお客様の来店があり楽しいお話ができました。今回で3回目ということでリーピーターの方もお見えいただき僕をお褒めいただくお言葉も頂戴できました。やはり皆さんの興味は「コロナウィルス」対策でしたが、さすがにヘルシーメイトさんのお客様で手洗いにはアルカリ性のせっけんを使っている方が多くその認識の高さはさすがでした。僕が住んでいるところもアルカリ性の石けんの中であることで鼻高々でした。
僕たち微生物は、僕らの属している「真菌」と「細菌」「ウィルス」に大きく分かれます。今回は「ウィルス」に属しているコロナが暴れまくっています。
微生物の世界の不具合は微生物に任せることができると思いますがいま少しその研究が進んでいないと思います。コロナウィルスの外膜(エンベロープ)の二重構造脂質を僕と一緒にいる麹由来酵素リパーゼ君が壊してくれるといいのですが・・。
まだ暫くコロナウィルスとの攻防は続きそうですので、アルコールと薬用ハンドソープの使いすぎでの手荒れが心配です。
手の表面にも僕らの仲間の善玉菌(表皮ぶどう球菌等)がいますがアルコールと薬用ハンドソープにはからっきし弱くご主人様の肌健康維持(バリアー機能)のお役に立つことができません。
シンプルに健康的に使える身近にあるせっけん(アルカリ性)で難敵コロナウィルスと対峙しましょう。

お問い合わせはこちら
0263-33-0077
受付時間 10:00~16:00 / 定休日 土日祝祭日

Comments are closed.